インフォメーション

ビジュアルスノウの論文まとめ

これまで報告されているビジュアルスノウについてのレポートの要点をまとめました。

また余裕がある際に、一挙追加しますね

Visual contrast threshold at 15 Hz is able to confirm visual snow syndrome in individual patients (S20.005)

  • 論文発表/投稿日:2019年4月
  • 著者:Ozan Eren, Thomas Eggert, Ruth Ruscheweyh, Andreas Straube, Christoph Schankin
  • 日本語タイトル:15 Hzでのビジュアルコントラストしきい値は、個々の患者のビジュアルスノウを確認可能(S20.005)

概要

Conclusions: The visual 75% contrast threshold measured at 15 Hz is the first technical test that might be able to confirm the hitherto purely subjective and history-driven diagnosis of VS in an individual patient.

結論:15Hzで測定された視覚75%コントラスト閾値は、これまでは主観的かつ病歴に基づき診断してきたVSSを、個々の患者で(客観的に)確認できる可能性のある初めての技術的検査である。

引用元:Visual contrast threshold at 15 Hz is able to confirm visual snow syndrome in individual patients (S20.005)” | Neurology.org

コントラスト閾値(いきち)とは、個人が認識できるコントラストの最小値を指します。

個人が認識できるコントラストの最小値 をコントラスト閾値といい、その逆数が「コントラスト感度(CS)」ということになります。

Dr. Salmon Newsletter Vol.5 No.10

該当論文によると、このコントラスト閾値を活用すれば、ビジュアルスノウを客観的に診断するうえで役立てられる可能性があるとのことです。

Neuro-ophthalmologic Findings in Visual Snow Syndrome

概要

神経眼科医が28人のビジュアルスノウ患者(仮)を調査しました。最終的には20人の患者(71%)が当障害と診断。20人のなかで砂嵐以外の追加症状は下記の割合となっていました。

  • 反復視(61%)
  • 強化された内視現象(65%)
  • 夜盲症(44%)
  • および羞明(65%)
  • 片頭痛10人(50%)

コントラスト感度や網膜機能、BCVAなどの測定を行ったところ、 神経眼科学にはほとんど正常でした。

The mean BCVA was less than 0.1 logarithm of the minimum angle of resolution, and electrophysiology showed normal retinal function in all patients. Contrast sensitivity was decreased in two of the seven patients tested. Medical treatment was applied to five patients which all turned out to be ineffective. Among the eight patients who were excluded, one was diagnosed with rod-cone dystrophy and another with idiopathic intracranial hypertension.

平均BCVAは最小分解能角の0.1対数未満であり、電気生理学はすべての患者で正常な網膜機能を示しました。テストした7人の患者のうち2人でコントラスト感度が低下しました。治療は5人の患者に適用されましたが、すべて効果がないことが判明しました。除外された8人の患者のうち、1人は桿体錐体ジストロフィと診断され、もう1人は特発性頭蓋内圧亢進症と診断されました。

引用元:Neuro-ophthalmologic Findings in Visual Snow Syndrome | National Library of Medicine

‘Visual snow’ – a disorder distinct from persistent migraine aura

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA