インフォメーション

ビジュアルスノウの正式な呼称は?

「ビジュアルスノウの正式な呼称は?」と気になる方がいらっしゃるかと思われますので、今回は正式な呼称について探ってみました。ビジュアルスノウ、ビジュアルスノー、視界砂嵐症候群、どう呼ぶのが正解なのか気になる方はぜひ最後までご覧ください。

ビジュアルスノウの正式な呼称は?(日本)

インターネット上では、どの呼び名がもっとも検索されているのかを、キーワード検索数チェックツール「aramakijake.jp」で確認してみました。当ツールでは検索エンジンに入力されるおよその月間検索数を把握できます。

その結果は下記の通りでした。

ビジュアルスノウ 1,520
ビジュアルスノー データなし
ビジュアルスノウ症候群 データなし
ビジュアルスノーシンドローム データなし
視界砂嵐症候群 72
雪視症 データなし
小雪症候群 データなし
Visual Snow 海外サイトも含まれるため計測不能
Visual Static
Visual Snow Syndrome
※「データなし」は、検索結果数が少なすぎる場合に表示されます。

上記の結果から、インターネット上で当障害名が検索される際には、「ビジュアルスノウ」がもっとも親しまれている呼び名であることがわかりました。

では、専門家(医師・研究者・研究機関)はどのように呼称しているのでしょうか。すべての論文やHPはご紹介できませんが、一例を挙げるとインターネット上の検索結果では次の通りでした。

※「呼称」は記事内で当障害を呼称した名詞のことを指します。

・清沢眼科医院(サイト内の記事ごとに呼称が変化)

12954:ビジュアルスノウ(視覚雪)症候群:診断、病態生理学、治療に関する総説 

呼称:Visual snow (ビジュアルスノウ)、 Visual static (ビジュアルスタティック)、視界砂嵐症候群

10700:ビジュアルスノーVisual snowではコントラスト感度が低下する。診断と特徴

呼称:ビジュアルスノー(視界雪嵐症候群)

・ひきち眼科

視界砂嵐症候群(Visual snow syndrome、雪視症)

・現代ビジネス(2021年9月の記事

ビジュアルスノーシンドローム(Visual Snow Syndrome)、ビジュアルスノー

・日本眼科学会雑誌

Visual snow syndromeの日本人21例の検討 

呼称:visual snow症候群、小雪、Visual snow syndrome

・日本頭痛学会

Visual snow syndrome患者に認められる脳の構造的および機能的変化 

呼称:降雪視症候群 (visual snow syndrome: VSS)

・Neurodiem (サイト内の記事ごとに呼称が変化)

神経画像研究によって明らかになったビジュアルスノウの病態生理への洞察
呼称:ビジュアルスノウ(visual snow:VS)

ビジュアルスノウ症候群(視界砂嵐症候群) 構造的および機能的変化
呼称:ビジュアルスノウ症候群(VSS)

雪視症(visual snow):複合イメージング研究により新たな知見を提示
呼称:雪視症(visual snow: VS)

このように、専門家の間でも呼称が異なるのが実情のようですね……

一応2020年9月に放送されたTV番組(ザ!世界仰天ニュース)に触れておくと、下記のように紹介されています。

Visual Snow(ビジュアルスノー)とは『視界砂嵐症候群』とも呼ばれ、視野の一部、または全体に白い点、または黒い点が見える視覚障害のこと。

引用元:不思議な光の点に苦しむ女性 ザ!世界仰天ニュース

診断書の病名

これまでインターネット上でビジュアルスノウの診断書を見かけたことがありますが、その診断名は下記のとおりです。

・visual snow syndrome
・Visual Snow(症候群)

引用元:VSSの診断書(ビジュアルスノウ) note

また「視界砂嵐症候群」と記載された診断書がアップロードされているのを見かけた記憶もあります(確証はありませんが)。

こういった状態ですので、やはりまだ呼称が定まっていない印象を受けます。

余談

音声表記(発音記号)と日本語表記の関連からも見てみましょう。

  • yellow⇒jélou⇒イエロー
  • passport⇒pǽspɔ̀rt⇒パスポート
  • visual snow⇒víʒuəl snou⇒ビジュアルスノウ

この観点から見ると「ビジュアルスノウ」は非常に中途半端な呼称です。発音記号に寄せるなら、「ヴィジュアルスノウ」が適切でしょう。

また「イェロゥ」よりも「イエロー」ですし、「パスポートゥ」よりも「パスポート」と呼びますよね。

この要領で、発音記号を無視して日本語で親しまれている呼び方にするなら「ビジュアルスノー」が適切となります。「visual」「snow」のどちらかだけを日本語的・英語的にするよりも、双方を統一した方が綺麗ですので。

よって、この観点から見ると、実は「ビジュアルスノウ」は非常に中途半端な呼称となります。

とはいえ、当サイトではGoogle検索エンジンおよびTwitterで親しまれている「ビジュアルスノウ」と呼称しますね

ビジュアルスノウの正式な呼称は?(海外)

海外での呼称については、”Visual Snow Syndrome(VSS、Visual Snow)”が優勢です。たまに”Visual Static”と見かけますが、海外研究チームの多くの論文やVSIのサイト・動画・Twitterでは、そのように呼称されています。

海外での呼称については、また余裕があるときに、具体的な資料を添付します。おそらくあまりニーズがないのと、上記のリサーチで疲れ果ててしまいましたので。

まとめ

結局のところ「日本での正式な呼称は、現段階ではわからない(おそらく決まっていない)」のだと考えられます。

当サイトでは認知拡大に向けての「広報」という役割を重視しています。このため引き続きGoogle検索エンジンおよびTwitterで親しまれている「ビジュアルスノウ」と呼称しますので、ご理解いただけますと幸いです。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA