インフォメーション

ビジュアルスノウ症候群の研究者が、世界最高峰の神経科学賞を受賞

ビジュアルスノウ症候群(視界砂嵐症候群)の研究に携わっている Dr. Peter Goadsbyが、片頭痛のメカニズムについての研究で成果を出しました。

その結果、世界最高峰の神経科学賞「2021 Brain Prize」を受賞したとのことです。

Four scientists who discovered a key mechanism that causes migraines, paving the way for new preventive treatments, have won the largest prize for neuroscience in the world, sharing £1.1m.

The Lundbeck Foundation in Denmark announced on Thursday that the British researcher Peter Goadsby, Michael Moskowitz of the US, Lars Edvinsson of Sweden and Jes Olesen of Denmark had won the Brain prize.

引用元:Scientists who discovered migraine mechanism win £1.1m Brain prize | Neuroscience | The Guardian

このような方が、ビジュアルスノウ症候群について研究している事実は非常に有難いことであります。彼の今後の活躍を患者一同、応援しましょう。

・Dr. Peter Goadsby(ピーターゴーズビー教授)
英国キングスカレッジロンドンにて、片頭痛や群発性頭痛などの原発性頭痛障害について研究をしている。国立健康研究所(Trust King’s Clinical Research Facility :CRF)の所長でもあり、さまざまな医学研究の支援にも努めている。
出典:Scientists who discovered migraine mechanism win £1.1m Brain prize | Neuroscience | The Guardian

参考:Professor Peter Goadsby MBBS MD PhD DSc FRACP FRCP kcl.ac.uk

ビジュアルスノウの寄付が必要な理由ビジュアルスノウ症候群(視界砂嵐症候群、雪視症、小雪症候群、Visual Snow、以下ビジュアルスノウ)で苦しんでいる患者さんがたくさ...
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA