インフォメーション

ビジュアルスノウの研究報告が整然としていない理由

ビジュアルスノウ症候群(視界砂嵐症候群、雪視症、小雪症候群、以下ビジュアルスノウ)に関する研究報告の順序がバラバラになってしまうことがありますので、そのことについてお知らせです。

世界16ヵ国で、大学や医師などが別々の観点から当障害の研究を行っています。治療法の研究をしているグループもあれば、診断機械の開発やメカニズムについて研究しているグループもいます。またひとえに治療と言えど、薬を用いたものやリハビリなどさまざまな方面から研究が進められています。

オーストラリア オーストリア カナダ ドイツ
イスラエル イタリア 日本 韓国
レバノン ルクセンブルク ポーランド スペイン
スイス アラブ首長国連邦 イギリス アメリカ
参考:Visual Snow Syndrome Doctors Specialists | Visual Snow Initiative

このため2020年9月に治療法発見のニュースが報じられた後に、2020年11月に診断に役立つ発見が報告される、といった具合に一見順序を逆に感じるような報道がされることが多々あるのです。

関連記事
インフォメーション

「ビジュアルスノウの原因は皆一緒?結局、どこに異常があるの?」について教授が回答

2021年8月19日
ビジュアルスノウ広報
「ビジュアルスノウ(視界砂嵐症候群)の原因って、結局どこにあるの?」「脳という噂を聞いたけれどあれは本当?でもPET(陽電子放射断層撮影)で …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA