インフォメーション

「治療を受けた患者さんの容態は?」「研究はいつ終わる?」など(Q&A)

Dr. Terry Tsangによるビジュアルスノウに関するQ & Aを翻訳しました。

投稿日:2021/03/04

どうして研究に参加しようと思ったのですか?

ビジュアルスノウ症候群の患者さんからは数多くの質問が寄せられていました。また「私の症状に合わせて助けてくれますか?」といった質問を何度もされました。当時の経験に基づいて、さまざまな度合いの症状を持つこれらすべての患者に関するこれらすべての質問・要望に正直に答えられるとは思いませんでした。

テキサス州のCharlesも同様の経験をしていました。Visual Snow Initiative(VSI)と彼らの協力的で素晴らしいネットワークを通して、私と彼は話し合う機会が設けられました。そのディスカッションでは、私達が話し合ったり発展させたりする機会がないかについて話し合いました。その議論を通して、私達が患者さんの要望に答えるための最適な方法はある一つの研究プロジェクトであることが明らかになりました。

これまでにVSS患者の症状の緩和をできましたか?

私のもとへやってくる患者さんはVSSの症状に疲弊しきっています。彼らの多くは働くことを辞め、人生に対して後ろ向きになっていました。外出したり、家族・友達との余暇を楽しんだりすることができなくなっていたのです。しかし治療により、大半の患者さんはもとの普通の生活へと復帰しています。彼らは再び仕事を始めたり、豊かな生活を取り戻し始めたりしています。彼らの人生の変わりようは実に素晴らしいものです。

その研究はいつ始まりましたか?

2020年11月に正式に始まりました。

治療法について

VSS患者さんに関するこれまでの私の経験において、彼らは基本的には同様の症状を抱えて訪れますが、いざ診察して診断結果を見てみると、すべての患者さんはまったく異なる度合いの症状を抱えていることが明らかになります。

したがって治療計画を立てる際には、個々の患者さんの状態に合わせて治療内容を調整しています。

その研究はいつ終わりそうですか?

2021年の6月に当研究(治験)を終える予定です。

どのようにして研究結果を共有する予定ですか?

研究結果を得られた後に、その気づきを共有する予定です。私たちの目標は可能な限り多くの患者さんを助けることです。 そのための最善策は、非常に優秀な治療プロトコルを開発することだと考えています。そしてそれを世界中の地域の医師に提供することです。 VSIが私達の研究結果を共有するための会議を開く予定となっていますので、その際に私達の研究結果を出席した全ての方々に共有する予定です。

関連記事
インフォメーション

ビジュアルスノウは何科を受診すればよいのか?

2021年9月26日
ビジュアルスノウ広報
「眼科や脳神経外科などに行っても相手にされなかった」「どこに行けば診断されるのだろう」とお悩みではないでしょうか。 ビジュアルスノウ症候群(視界砂嵐症候群、雪視症、小雪症候群 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA